お知らせ・プレスリリース

プレスリリース 2018.12.03更新
書店様・報道関係者様 各位 株式会社 永岡書店

年を重ねるほど 心が若返る名言

初版年月
2018/12
判型
四六
ページ数
192ページ
ISBN
9784522436554
価格
1,000円+税

株式会社永岡書店は、2018年12月『年を重ねるほど 心が若返る名言』を発行いたしました。

人生後半戦がさらに面白くなる!
「読むと心が若返る」偉人たちの言葉の処方箋

定年を迎え、人生後半戦を豊かに過ごすためには、お金の多さよりも、心の若さを保つことが重要です!そして、心の若さは、お気に入りの言葉の蓄えの多さで決まります。
本書では、精神科医・保坂隆氏が選んだ定年後の心にじんわりしみる「175の名言」を紹介。本書でお気に入りの言葉が見つかる度に、人生後半戦を楽しく生きるためのエネルギーが湧いてきます!
定年を迎えた家族やお知り合いのプレゼントにもおすすめの1冊です!

<本書はこんな人におすすめです>
・定年が近づき、人生後半戦の生き方を考えている人
・第二の人生にもうひと花咲かせたいと考えている人
・定年を迎え、老後の生活にちょっぴり不安を抱えている人

■構成
第1章: 定年後の不安がスーッと消えていく言葉
第2章: 自分らしい老い方のヒントが見つかる言葉
第3章: 人生の後半戦がさらに豊かになる言葉
第4章: 年をとるのがもっと面白くなる言葉
付 録: 人生100年時代を楽しむために
50代・60代・70代にしておきたいことリスト

<コラム>
・定年後の自由時間は10万時間もある!
・脳の疲労回復におすすめ「マインドフルネス瞑想法」
・口癖になってませんか? 高齢者にとっての禁句
・季節を楽しみながらの「インターバル瞑想ウォーキング」
・定年後は余生ではなく、新たな人生のスタート
・笑いは百薬の長。笑顔は顔のスポーツです
・介護疲れが招く“共感疲労”に気をつけよう
・質の良い睡眠は寝入りばなの90分が勝負
・好奇心とワクワク感を求めて外へ出よう!
・シニアボランティアで小さな社会貢献を
・高齢者の生活に欠かせない「ソーシャルサポート」
・生き方の指針が見えてくる「自分史」づくりにチャレンジ
・ロコモ予防におすすめ! 「シコ踏み」で下半身を強化
・空海に学ぶ「満たされた死」という考え方
・健康寿命をのばすことは人生100年時代の自己責任
・いい生き方が、いい死に方につながる

【著者について】

著:保坂 隆(ほさか たかし)

1952年山梨県生まれ。
慶應義塾大学医学部卒業後、同大学精神神経科学教室入局。
1990年より米国カリフォルニア大学ロスアンゼルス校(UCLA)精神科に留学。
東海大学医学部教授、聖路加国際大学臨床教授などを経て、
現職は、聖路加国際病院診療教育アドバイザー、
保坂サイコオンコロジー・クリニック院長。
がん患者と家族の精神的ケアの第一人者。
50歳になったら定年退職を見据え、
10年かけて定年後の人生プランを立てることを推奨。
それに関する書の執筆、講演活動と精力的に取り組んでいる。

【販売に関するお問い合わせ】

株式会社永岡書店 販売部
TEL:03-3992-5155 FAX:03-3948-3021
E-mail: info@nagaokashoten.co.jp

【内容に関するお問い合わせ】

株式会社永岡書店 編集部
TEL:03-3992-7191 FAX:03-3948-9161
E-mail: info@nagaokashoten.co.jp

お問い合わせ